ホーム > お知らせ > 平成24年度専門職問題セミナー(H25.2.22開催)アンケート結果 第一週まとめ 2013.3.1

平成24年度専門職問題セミナー(H25.2.22開催)アンケート結果 第一週まとめ 2013.3.1

平成25年2月22日に岡山市で実施した専門職問題セミナーアンケートの第一週分をとりまとめましたので公開します。なお、参加者数は25名でした。

【回答者A】

1. 今回のセミナーに参加された理由はどのようなものですか?あるいは、どのよう なことを期待して参加されましたか。
(直接的な理由は、記録資料館館長のお誘いを受けたからです。 その後、プログラムを拝見して、基調講演が面白そうだな、 と感じておりました。)

2. 今回のセミナーの評価※と参加された感想を教えてください。よろしければ理由も教えてください。※5段階評価の数字を記入してください。

2-1. 趣旨説明  1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
あなたの評価(2) 理由 (                             )

2-2. 基調講演:「博物館学芸員養成の現状と課題」  1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
あなたの評価(1)
理由 (自分の仕事について、客観的な立ち位置を確認できたとともに、大変勉強にもなったため。個人的には、大学でもっている非常勤のコマの際に、学生に話すネタの一つを教えていただいたと感じています。 )

2-3. 専門職問題について討議するワークショップ  1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
あなたの評価(2)
理由 (自分と同じような経歴の方から、全く異なる方まで、色々な方と専門職にまつわる事情について話ができたため。)

※ 以下は、オプショナルプログラムに参加された方が対象です。

2-4. オプショナルツアー(岡山県立記録資料館見学) 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  ) 理由 (                             )

 2-5. 交流会 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(1)
 理由 (まじめな研究会の後でのひと時が、とても楽しかったです。)

※以下、全史料協会員でない方もご回答、ご提案ください。歓迎いたします。

3. 今後、全史料協会員(機関および個人)は、専門職問題に対してどのように関 わっていくのがよいと思いますか。あるいは、どのような取り組みが可能だと思いま すか。
(私はアーキビストについては門外漢なので何ともいえませんが、現在の学芸員と学芸員資格の惨状を踏まえて、より良い方向に制度が進むように導いていってほしいと思います。)

4. 今回のセミナーに限らず、調査・研究委員会活動へのご意見やご提案があればご 記入下さい。 (                              )

【回答者B】

1. 今回のセミナーに参加された理由はどのようなものですか?あるいは、どのようなことを期待して参加されましたか。
( これまでの全史料協活動を通じて培った人間関係を大切にしようと考えた。 岡山をはじめとする中国・四国地方の方々や調査・研究委員会の委員には、大変お世話になっている。)

2. 今回のセミナーの評価※と参加された感想を教えてください。よろしければ理由も教えてください。※5段階評価の数字を記入してください。

 2-1. 趣旨説明
1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価( 3 )
理由 (                     )

 2-2. 基調講演:「博物館学芸員養成の現状と課題」
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価( 1 )
理由 ( 講話が具体的で、課題の指摘も的確と感じた。 )

 2-3. 専門職問題について討議するワークショップ
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
  あなたの評価( 1 )
 理由 (企画面の工夫と雰囲気の醸成が、非常に上手かった。 )

※ 以下は、オプショナルプログラムに参加された方が対象です。

 2-4. オプショナルツアー(岡山県立記録資料館見学)
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  )
 理由 (                             )

 2-5. 交流会
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価( 1 )

理由 ( 評価の通り。館長様にお世話になり、御礼申し上げます。 )

※以下、全史料協会員でない方もご回答、ご提案ください。歓迎いたします。

3. 今後、全史料協会員(機関および個人)は、専門職問題に対してどのように関わっていくのがよいと思いますか。あるいは、どのような取り組みが可能だと思いますか。
( セミナーの成果を会員に還元するとともに、このようなセミナーを継続的に開催することが大切。 )

4. 今回のセミナーに限らず、調査・研究委員会活動へのご意見やご提案があればご記入下さい。
( 事務局をはじめとする委員会の皆様、お世話になりました。 )

ご協力ありがとうございました。なお、アンケート結果の公表にあたっては、個人名が特定できないようにいたします。

【回答者C】

1. 今回のセミナーに参加された理由はどのようなものですか?あるいは、どのようなことを期待して参加されましたか。
(他館,色々な個人の方との交流を深めたいからです。)

2. 今回のセミナーの評価※と参加された感想を教えてください。よろしければ理由も教えてください。※5段階評価の数字を記入してください。

 2-1. 趣旨説明
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(1)
 理由 (外部機関の方に個人的つながりからコミットを入れてもらうことは結果として自分の機関や自分を客観視することにつながるから(あくまで私見ですが。))

 2-2. 基調講演:「博物館学芸員養成の現状と課題」
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(3)
 理由 (講演は分かりやすかったのですが,学芸員には理工系・自然科学系の方もいるはずで,このあたりの方の意見もあってよかったのかなと思いました。もっとも,似通った問題を抱えているので,どの程度有益なのかは保証できませんが。)

 2-3. 専門職問題について討議するワークショップ
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(1)
 理由 (役職に関係なく,自由にものが言えるよう工夫がなされていたから。)

※ 以下は、オプショナルプログラムに参加された方が対象です。

 2-4. オプショナルツアー(岡山県立記録資料館見学)
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(1)
 理由 (収蔵庫の資料管理など,当館でも大いに参考になると感じたから。)

 2-5. 交流会
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(1)
 理由 (私見ながら,どんな研修やセミナー・学会も「飲み会」が一番重要だと思います(講演された長谷川さんには失礼ですが)。今回は11月7日夜の広島大会と異なり,静かな店だったので,よかったと思います。)

※以下、全史料協会員でない方もご回答、ご提案ください。歓迎いたします。

3. 今後、全史料協会員(機関および個人)は、専門職問題に対してどのように関わっていくのがよいと思いますか。あるいは、どのような取り組みが可能だと思いますか。
(基調講演の所でも申し上げましたが,文系に偏りすぎで,もう少し色々な分野(理工系など)の方,実務者・研究者・一般の立場からの意見等を取り込んで,広い範囲での議論や,利用者を含めた世論形成を図ってみてもよいと思います。私は分野がら,多分野の方と接しますので,そう思うだけかもしれませんが,問題点は比較的共通しているようにも思います。)

4. 今回のセミナーに限らず、調査・研究委員会活動へのご意見やご提案があればご記入下さい。
(上記3と同じです。広い分野の方に全史料協さんや公文書館さんが抱えている問題について発信し,互いに議論できるような周知・連携方法があればと思います。少なくとも,理工系の方は全史料協の存在を知りません。ただ,利用者は同じ一般市民ですから,議論・連携することに価値はあると思います。)

【回答者D】

1. 今回のセミナーに参加された理由はどのようなものですか?あるいは、どのようなことを期待して参加されましたか。
( 専門職問題の現状と課題,アーキビスト資格認定制度の今後について )

2. 今回のセミナーの評価※と参加された感想を教えてください。よろしければ理由も教えてください。※5段階評価の数字を記入してください。

 2-1. 趣旨説明
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
  あなたの評価(3)
  理由 (講演は参考になったが,ワークショップはやや期待したものと違った)

 2-2. 基調講演:「博物館学芸員養成の現状と課題」
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(2)
 理由 (学芸員養成の実情が少し理解できた。アーキビストもやはり職場での研鑽により養成されることを改めて感じた。)

 2-3. 専門職問題について討議するワークショップ
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(3)
 理由 (アーキビスト像についての討論よりも,専門職問題の今後に向けての課題について意見を聞きたかった。)

※ 以下は、オプショナルプログラムに参加された方が対象です。

 2-4. オプショナルツアー(岡山県立記録資料館見学)
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  )
 理由 (                             )

 2-5. 交流会
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
  あなたの評価(  )
  理由 (                             )

※以下、全史料協会員でない方もご回答、ご提案ください。歓迎いたします。

3. 今後、全史料協会員(機関および個人)は、専門職問題に対してどのように関わっていくのがよいと思いますか。あるいは、どのような取り組みが可能だと思いますか。
 ( 関心をもち続けると共に,専門的業務に従事する人は登録アーキビストへの資格申請をして,制度を育て,機運を高めることも必要かと思う )

4. 今回のセミナーに限らず、調査・研究委員会活動へのご意見やご提案があればご記入下さい。
(                                 )

【回答者E】

1. 今回のセミナーに参加された理由はどのようなものですか?あるいは、どのようなことを期待して参加されましたか。
(専門職問題に個人的関心があるため)

2. 今回のセミナーの評価※と参加された感想を教えてください。よろしければ理由も教えてください。※5段階評価の数字を記入してください。

 2-1. 趣旨説明
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価( 2 )
理由 (前回の前橋セミナーから時期的にも空き過ぎず、また講師選定ポイントにも一貫性が感じられたから)

 2-2. 基調講演:「博物館学芸員養成の現状と課題」
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価( 1 )
理由 (大変論理的で詳細な内容の講演であり、講師の主張がよく伝わってきたから)

 2-3. 専門職問題について討議するワークショップ
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価( 3 )
理由 (あの手法は以前に経験しているが、長時間で何度もシャッフルするところに効果があると考える。また理想のアーキビスト像も総花的にならざるを得ず、もう少しポイントの絞り込みがほしかった気がする)

※ 以下は、オプショナルプログラムに参加された方が対象です。

 2-4. オプショナルツアー(岡山県立記録資料館見学)
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  )
理由 (                             )

 2-5. 交流会
1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価( 2 )
 理由 (会自体はよかったが、私が積極的に動き回らなかったため新しい知人獲得については収穫が少なかったから)

※以下、全史料協会員でない方もご回答、ご提案ください。歓迎いたします。

3. 今後、全史料協会員(機関および個人)は、専門職問題に対してどのように関わっていくのがよいと思いますか。あるいは、どのような取り組みが可能だと思いますか。
 (SAAの歴史とか他国の専門職事情を調査し、情報共有していってはどうか)

4. 今回のセミナーに限らず、調査・研究委員会活動へのご意見やご提案があればご記入下さい。
(現体制最後のセミナーでしたが、長期間にわたる精力的な活動、本当にお疲れ様でした。大変素晴らしい実績を残されたと思います)

【回答者F】

1. 今回のセミナーに参加された理由はどのようなものですか?あるいは、どのようなことを期待して参加されましたか。
(文書資料の取り扱をおもにされている分野の方との交流 )

2. 今回のセミナーの評価※と参加された感想を教えてください。よろしければ理由も教えてください。※5段階評価の数字を記入してください。

 2-1. 趣旨説明
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(3)
 理由 ( 内容はよくわかりました。)

 2-2. 基調講演:「博物館学芸員養成の現状と課題」
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(3)
 理由 ( 興味深く拝聴できましたが、現状に関しては既に把握している内容だったので。 )

 2-3. 専門職問題について討議するワークショップ
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(3)
 理由 ( 面白かったですが、やや時間と検討材料が不足していたように思います。 )

※ 以下は、オプショナルプログラムに参加された方が対象です。

 2-4. オプショナルツアー(岡山県立記録資料館見学)
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  )
 理由 (                             )

 2-5. 交流会
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  )
 理由 (                             )

※以下、全史料協会員でない方もご回答、ご提案ください。歓迎いたします。

3. 今後、全史料協会員(機関および個人)は、専門職問題に対してどのように関わっていくのがよいと思いますか。あるいは、どのような取り組みが可能だと思いますか。
 ( 学芸員もそうですが、アーキビスト、専門職についての具体的な資質を研究し、会としての一定見解をまとめて公的に声明を出されることにより、現況に関して一定の影響を与えることができるのではないかと思います。 )

4. 今回のセミナーに限らず、調査・研究委員会活動へのご意見やご提案があればご記入下さい。
( 今回がはじめての参加であり、これまでの取り組みはあまり存じませんが、様々な性格の資料について、具体例を事例含めた取り扱いや方針のようなことについて研修、もしくはご検討されるような機会がまたおありでしたら、是非参加させていただければと存じます。 )

【回答者G】

1. 今回のセミナーに参加された理由はどのようなものですか?あるいは、どのようなことを期待して参加されましたか。
( アーキビスト専門職についての状況を把握するため )

2. 今回のセミナーの評価※と参加された感想を教えてください。よろしければ理由も教えてください。※5段階評価の数字を記入してください。

 2-1. 趣旨説明
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(2)
 理由 (                             )

 2-2. 基調講演:「博物館学芸員養成の現状と課題」
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(2)
 理由 ( 学芸員について非常に詳しい話が聞けた。 )

 2-3. 専門職問題について討議するワークショップ
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(2)
 理由 ( いろいろな機関からの参加者と交流でき,有意義であった。 )

※ 以下は、オプショナルプログラムに参加された方が対象です。

 2-4. オプショナルツアー(岡山県立記録資料館見学)
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  )
 理由 (                             )

 2-5. 交流会
 1 大変満足 ・ 2 満足 ・ 3 普通 ・ 4 やや不満 ・ 5 不満
 あなたの評価(  )
 理由 (                             )

※以下、全史料協会員でない方もご回答、ご提案ください。歓迎いたします。

3. 今後、全史料協会員(機関および個人)は、専門職問題に対してどのように関わっていくのがよいと思いますか。あるいは、どのような取り組みが可能だと思いますか。
 ( 難しいかもしれないが,国家資格を目指す。 )

4. 今回のセミナーに限らず、調査・研究委員会活動へのご意見やご提案があればご記入下さい。
(                                 )

広告
カテゴリー:お知らせ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。