ホーム > お知らせ > 史料保存利用問題シンポジウム「アーキビスト認定制度をめぐる現状と公文書管理制度」(2014/6/28 東京)

史料保存利用問題シンポジウム「アーキビスト認定制度をめぐる現状と公文書管理制度」(2014/6/28 東京)

全史料協が後援する催し物の情報です。

史料保存利用問題シンポジウム「アーキビスト認定制度をめぐる現状と公文書管理制度」

日 時:2014(平成26)年6月28日(土) 13:30~17:30
場 所:駒澤大学 駒沢キャンパス 1号館1-204教場

開会挨拶:木村茂光(日本学術会議会員 帝京大学教授)
報 告
石原一則(日本アーカイブズ学会会長)
   「学会登録アーキビスト制度について」
富田健司(栃木県芳賀町総合情報館)
   「地方自治体における公文書館政策の動向
―条例制定、公文書館機能、専門職―  」
  瀬畑 源(長野県短期大学助教)
    「特定秘密保護法と公文書管理制度」
  全体コメント
  高埜利彦(日本学術会議会員 学習院大学教授)
閉会挨拶:廣瀬良弘(日本歴史学協会会長 駒澤大学学長)

チラシはこちら

広告
カテゴリー:お知らせ
  1. 富田任
    4月 29, 201410:23 pm

    全史料協が「講演」ではなく「後援」する,ですね。毎年,参加しています。情報提供,有難うございました。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。