公文書館機能普及セミナー

【平成26年度の公文書館機能普及セミナーは終了しました。】
 
 
 

 平成26年度の公文書館機能普及セミナーは、待望の東北地方は岩手県で6月に開催します。
 皆さん奮ってご参加ください。

テーマ
公文書館機能普及セミナー2014 in 岩手
アーカイブズとしての公文書~残す、守る、使う~
下の「チラシ」の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

主催
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)
 
後援
岩手県
 
趣旨
 全史料協会員並びに岩手県内自治体等の文書管理担当部局及び記録資料の保存・管理・利用を主な業務とする機関の職員を対象に、公文書館をめぐる法制度や資料の保存環境への理解を深めてもらい、公文書館機能の普及に向けた機運の醸成を図ります。
 
日時・会場
 平成26年6月6日(金) 11:00~16:50
 いわて県民情報交流センター(アイーナ)会議室803
岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7-1
 
参加定員
 80 名(事前申込み制)
募集範囲 (1)全史料協会員並びに岩手県内自治体等の文書管理担当部局及び記録資料の保存・管理・利用を主な業務とする機関の職員、(2)記録史料の保存・管理・利用に関心のある一般の方
申込方法は本ページ下部をご覧ください
 
参加費
 無料
 
内容
 開会挨拶  (11:00~11:10)
 
 主催者挨拶(全史料協調査・研究委員長)
 後援者挨拶(岩手県総務部長)
 
 【講義】「地方自治体における公文書館機能の実現に向けて
―公文書館の実務と市町村におけるはじめの一歩―」  (11:10~12:00)
小高哲茂氏(群馬県立文書館)
 
 【講演】「法が要請する自治体公文書管理のあり方」  (13:00~14:30)
早川 和宏氏(桐蔭横浜大学大学院法務研究科教授・弁護士)
 
 【講演】「被災資料の救出と今後の保存課題」  (14:40~16:10)
青木睦氏(国文学研究資料館研究部准教授)
 
 質疑応答
 
申し込み方法
 FAX又はEメールに (1)氏名〔必須〕、(2)全史料協会員の方は機関会員・個人会員の別、(3)所属、(4)電話番号〔必須〕、(5)Eメールアドレス、(6)懇親会への参加・不参加の別 を記載し、次の宛先までお送りください。
 全史料協調査・研究委員会事務局(北海道立文書館内) 担当・鶴原、山田
 FAX 011-232-1851
 Eメール somu.monjyo2〓pref.hokkaido.lg.jp(〓を@に置き換えてください)
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。